人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『土間打ち②』


こんにちは、有本です。

『土間打ち②』_c0092689_19512320.jpg


「粗仕上げ」をしたら、そのまま少し時間をおきます。

すると、砂利や砂が沈み表面に「ノロ」と呼ばれる液状のセメントが浮き上がってきます。
その「ノロ」をもう一度コテで仕上げていきます。

この作業を「押さえ」といいます。

通常はこの「押さえ」を、時間をおいて2回行います。

『土間打ち②』_c0092689_207585.jpg



もし「押さえ」をしなかったら、表面がガタガタになって乾いてしまいます。
『土間打ち②』_c0092689_1959427.jpg

なんとなくわかってもらえますか?


ただし、コンクリートだけで仕上げるのではなく、
コンクリートを下地にして、上から別の仕上げ材(例えば石材)を施工するのであれば
かえって粗いままのほうが、きれいに押さえるより仕上げ材の喰い付きが良くなります。



参考までに
コンクリート=セメント+砂+砂利+水
モルタル=セメント+砂+水
ノロ=セメント+水





駐車場や庭のリフォームのご相談はこちらから
by aktco | 2006-12-23 20:25
<< 『洗い出し』 『土間打ち①』 >>