<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

精密検査

先月受けた健康診断が引っかかり
精密検査を受けてきました。

私にとっては生まれて初めての精密検査です。


ひとつは「眼」でもうひとつは「大腸」。

「眼」の検査はたいしたことなかったのですが
「大腸」は内視鏡検査で、朝からお腹の中のものをすべて出していかなければならなくて大変でした。

ただ、検査中は
自分の腸の中を目の前のモニターで見ることが出来て
この腸も自分の体の一部で、毎日一生懸命働いてくれているんだと思うと
なんだか感動しました。

結果はまだ分からないのですが
今のところポリープ等は見つからなかったと言われ一安心です。


先日もラジオの番組で
癌を克服したジャーナリストの鳥越俊太郎氏が
「癌は何も言ってこない(自覚症状が無い)ので、自分から見つけにいかないと早期治療はできない」
と言っていらっしゃったのを思い出します。


病院にいって検査するのは辛いですが
早め早めの検査は大事ですね。
by aktco | 2011-08-29 18:13

ナイターで・・・

久しぶりに「ほっともっとフィールド神戸」にナイターを観に行きました。

入口で手荷物検査なるものをされて
何を見られるのか?と思ったら

ペットボトルや缶は持ち込み禁止なのだそうです。


では持っているペットボトルや缶はどうするのかというと
用意されてある紙コップに移し変えて持って入るのです。


そして球場内では、放送でも
「ゴミは各自でお持ち帰りください」
と再三言っているにもかかわらず
そこら辺にほって帰る人たちがいるのですね。

オリックスが勝って、花火も見れて
とても気分がよかったのですが
散らかっているゴミを見て、さびしい気分になりました。


お金を出して見に来ているのだから・・・・
掃除をする人の仕事が無くなっては困るだろうから・・・・
ではなく

自分自身、しっかりモラルを持って生活していきたいと思います。

仕事をするにも、まずはそのあたりが出来ていなければ
お客様にも信頼してもらえないと思うのです。

c0092689_1833352.jpg

by aktco | 2011-08-11 18:34

木の特性

世の中のものには、それぞれ特性というものがあります。

木には木の特性があります。

木の一番の特性は、
湿気を含んで膨れたり、放出して痩せたりすることです。

最近の室内ドアは、引戸・開き戸に限らず
枠も扉も木目のプリントを張った化学物質のものが多く使われます。

これは天然の木(無垢材)ではありませんので
木の特性である、痩せたり膨れたりはしません。

したがって、季節によって扉が開けにくくなることはなくなりました。


しかし、自然素材を使用してドアもすべて無垢材で造られた場合、
梅雨時などは扉が固くなり開けにくくなる場合があります。


このあたりのことは、私たち業者がお客様に十分説明しなければならないことで
それを怠るとお客様に迷惑をお掛けすることになります。




お客様とのコミュニケーションはとても大切です。
これからも、しっかりと心がけて行きたいと思っています。


ただし、造り手のミスで本当に開け閉めが出来にくいというのとは話が違いますので、
調子が悪いときは必ず業者に見てもらって下さい。
by aktco | 2011-08-01 20:34